メンテナンスに伴うサービスの停止のお知らせ

いつもご利用ありがとうございます。メンテナンスに伴いまして、本サイトは下記期間一時的にサービスを停止いたします。ご利用のみなさまにはご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、ご了承ください。

2019年1月12日(土) 07:00 - 2019年1月13日(日) 18:00


東邦大学 村本哲哉博士から細胞性粘菌で利用可能なCRISPR/CasのベクターDNAが寄託されました!

24merのオリゴDNAを2本アニーリングさせるだけで、遺伝子破壊ができます。また、その最大の特徴は同時に複数の遺伝子破壊が可能になることです。 これまでのように、Cre/loxでの薬剤カセット除去の手間を省くと共に、大幅な時間の節約になります。
All in one CRIPR/Cas9ベクター(pTM1285), 使い方はこちら
その他関連製品(pTM1224, pTM1225, pTM1250, pTM1290, pTM1286, pTM1287, pTM1288, pTM1289, pTM809, pTM1102, pTM1191
Depositor: Tetsuya Muramoto
Reference: Scientific Reports (2018) 8:8471


About this site

細胞性粘菌は非病原性の真核微生物で、単細胞と多細胞の状態を行き来するユニークな生活環をもち、 モデル生物として基礎と応用の両面から注目されています。 理化学研究所生命機能科学研究センターは第4期ナショナルバイオリソースプロジェクトの中核機関として 細胞性粘菌の株と遺伝子リソースを整備し、 リクエストに応じてそれらを国内外に提供します。

Contents

提供申し込み   寄託申し込み
中核機関で保存している株や遺伝子リソースを提供します。   新規に入手・開発した株やDNAの寄託をお願いします。保管が困難になった株やDNAの寄託も受け付けます。
 
 
     
株リソース   遺伝子リソース
国内に保有されている株を中心に収集を進めています。   Dictyostelium discoidium予測遺伝子の全長ORFをカバーするcDNAクローンを整備しています。
 検索  一覧    検索  一覧

Contact Us

代表機関
  • 理化学研究所
    生命機能科学研究センター
    細胞シグナル動態研究チーム
  • 上村 陽一郎
  •  
サブ機関
  • 筑波大学生命環境系
  • 桑山 秀一
  •  
 
page-top