価格変更のお知らせ

2019年10月1日からの消費税率引き上げに伴い提供リソースの価格を変更いたします。ホームページから自動算出される価格と異なる場合があるのでご注意ください。 新しい価格表はこちらです。

【第9回モデル生物細胞性粘菌トレーニングコース】

新規に細胞性粘菌の利用をお考えの研究者向けにトレーニングコースを開催いたします。

日時:2019年11月9日(土)
開催場所:筑波大学・第2エリア地区内
参加費:無料(ただし、交通費等は自己負担でお願いします。)
応募締め切り:2019年10月25日(金)

応募方法など 詳しい情報はこちらをご覧ください。

東邦大学 村本哲哉博士から細胞性粘菌で利用可能なCRISPR/CasのベクターDNAが寄託されました!

24merのオリゴDNAを2本アニーリングさせるだけで、遺伝子破壊ができます。また、その最大の特徴は同時に複数の遺伝子破壊が可能になることです。 これまでのように、Cre/loxでの薬剤カセット除去の手間を省くと共に、大幅な時間の節約になります。
All in one CRIPR/Cas9ベクター(pTM1285), 使い方はこちら
その他関連製品(pTM1224, pTM1225, pTM1250, pTM1290, pTM1286, pTM1287, pTM1288, pTM1289, pTM809, pTM1102, pTM1191
Depositor: Tetsuya Muramoto
Reference: Scientific Reports (2018) 8:8471


About this site

細胞性粘菌は非病原性の真核微生物で、単細胞と多細胞の状態を行き来するユニークな生活環をもち、 モデル生物として基礎と応用の両面から注目されています。 理化学研究所生命機能科学研究センターは第4期ナショナルバイオリソースプロジェクトの中核機関として 細胞性粘菌の株と遺伝子リソースを整備し、 リクエストに応じてそれらを国内外に提供します。

Contents

提供申し込み   寄託申し込み
中核機関で保存している株や遺伝子リソースを提供します。   新規に入手・開発した株やDNAの寄託をお願いします。保管が困難になった株やDNAの寄託も受け付けます。
 
 
     
株リソース   遺伝子リソース
国内に保有されている株を中心に収集を進めています。   細胞性粘菌のベクターやプラスミドをご利用いただけます。また、Dictyostelium discoideumの全長ORFをカバーするcDNAクローンも整備しています。
 検索  一覧    検索  一覧

Contact Us

代表機関
  • 理化学研究所
    生命機能科学研究センター
    細胞シグナル動態研究チーム
  • 上村 陽一郎
  •  
サブ機関
  • 筑波大学生命環境系
  • 桑山 秀一
  •  
 
page-top