第5期NBRP細胞性粘菌の開始にあたり

第5期NBRP細胞性粘菌事業実施機関は、理研から筑波大学に移行されました。 第5期NBRP細胞性粘菌事業では2022年度から5年にわたりこれまで通りの事業を運営する計画です。 既存のユーザーはもとより、新たに細胞性粘菌を研究材料として利用したいとお考えの新規ユーザーに対しても手厚いサポートを展開する計画です。 細胞性粘菌を研究に、教育に利用したい方は些細なことでも構わないので、メール等によりお問い合わせをいただけると幸いです。 NBRP細胞性粘菌は、みなさまの研究の発展にご協力致します。

第5期細胞性粘菌NBRPにおける提供価格の変更とクレジット決済のみ受け付けについて

第5期細胞性粘菌NBRPでは、使用する消耗品や輸送費等のコスト高騰により提供価格の変更いたしました。 また、支払い方法はクレジット決済のみの受付となります。 第4期同様、提供サービスやリソースの品質の向上に向けて努力をしてまいりますので、何卒ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。



About this site

細胞性粘菌は非病原性の真核微生物で、単細胞と多細胞の状態を行き来するユニークな生活環をもち、 モデル生物として基礎と応用の両面から注目されています。 筑波大学生命環境系は第5期ナショナルバイオリソースプロジェクトの中核機関として 細胞性粘菌の株と遺伝子リソースを整備し、 リクエストに応じてそれらを国内外に提供します。

Contents

提供申し込み   寄託申し込み
中核機関で保存している株や遺伝子リソースを提供します。   新規に入手・開発した株やDNAの寄託をお願いします。保管が困難になった株やDNAの寄託も受け付けます。
 
 
     
株リソース   遺伝子リソース
国内に保有されている株を中心に収集を進めています。   細胞性粘菌のベクターやプラスミドをご利用いただけます。また、Dictyostelium discoideumの全長ORFをカバーするcDNAクローンも整備しています。
 検索  一覧    検索  一覧

Contact Us

代表機関
  • 筑波大学生命環境系
  • 桑山 秀一
  •  
 
page-top